患者と医師

てんかんは、何らかの原因によって脳の活動が部分的もしくは全体的に異常に活性化してしまう病気です。
電気信号が必要以上に発信されてしまうため、痙攣や失神など様々な発作を引き起こしてしまいます。
実は日本人の100人に1人という割合で発症している比較的よく見られる脳疾患で、性別や年齢などに左右されることなく誰にでも発症の可能性はあります。

現在何ともない人でも、将来的に何らかの原因でてんかんを発症してしまうリスクは十分にあるため、基本的な知識を身に着けておくことが大切です。
てんかんは完治するのが非常に難しい病気でもあり、場合によっては一生涯にわたって治療し続ける必要があります。
万が一自分や身近な人が発症した時に備えて、役立つ情報を知っておきましょう。

てんかんの症状と原因

女性の医師

てんかんは、先天的もしくは後天的な脳障害を負ったことによって、脳の神経細胞が異常に興奮することで様々な発作症状を起こしてしまう病気です。
私たちの身体が正常に活動するためには、脳から発信される微弱な電気信号が欠かせません。
このため脳が異常に活動すると電気信号が正常に伝わらず、身体が過剰に反応して様々な症状を引き起こすことになります。

年齢や性別などに関係なく誰でも発症する可能性があり、現在日本では約100万人ほどの患者が存在しています。
割合にすると約100人に1人はてんかん患者ということになるので、決して珍しい病気ではありません。
自分が知らないだけで、実は身近な人もてんかん患者だったという可能性も十分にあります。

症状

てんかんの典型的な発作症状は、何の前兆もなく急に卒倒して意識を失ったり全身を激しく痙攣させる大発作と呼ばれるものと、体の一部だけが無意識に動いたり急に集中力を失って軽い失神状態に陥るなどする小発作の2種類に分けられます。
どの発作がどのように現れるかは個人差が大きく、治療の方法もそれぞれ異なるため注意が必要です。

大発作は、目をカッと見開いたり歯を力の限り食いしばったまま、一時的に呼吸が止まったり激しい痙攣をおこしたりします。
体が全体的にこわ張ってしまう発作の場合は強直発作、全身で痙攣を起こしている場合は間代発作、身体がこわ張ってから痙攣を引き起こす強直間代発作などが挙げられます。
こわ張りや痙攣がないものの、突然糸が切れたように力が抜けてしまって失神する脱力発作もあり、どの種類になるかは発作が起きるまで分かりません。

小発作では、手足が一瞬だけピクッと動いてしまうミオクロニー発作や意識が一瞬だけ途切れてしまう運動発作、意味のない言葉を話し続けてたり明瞭に話せなくなる失語発作も挙げられます。
この他、身体にしびれを感じたり感覚が鈍くなる、視覚や嗅覚などに異常が起きる感覚発作や体性感覚発作、不調や不快な気分を感じやすくなる自律神経発作や精神発作などもあり、実に多種多様な症状です。

原因

こういったてんかん発作が起きる原因は様々なケースが考えられますが、基本的には先天的な原因と後天的な原因に分けられます。
生まれる前から先天的な脳の成長不足や異常などがある場合、乳幼児期からてんかん症状を発症することが多いです。
発作を起こしやすい体質は遺伝することも分かっており、親や親せきなどにてんかん患者がいる場合は発症のリスクが高まります。

後天的な原因としては、交通事故やケガなどによって脳にダメージを受けて異常が起きてしまうことや、脳梗塞や髄膜炎など様々な脳疾患によって合併症として引き起こされることが考えられます。
このように原因が比較的はっきりしている場合は症候性てんかんと呼ばれ、手術や投薬によって改善する可能性もあるので主治医とよく相談することが大切です。

てんかんには様々な種類があります

脳のイメージ

ひと口にてんかんと言っても、その症状や原因は非常に多岐にわたっています。
専門家でもない限り正確に理解するのは難しいのですが、基本的には4種類に分類されているのでそれぞれの特徴を覚えておきましょう。

まず発作の症状によって部分発作と全般発作に分けられ、次にてんかんの原因によって特発性と症候性に分けられます。
これらを組み合わせて、トータル4種類に分けて判断されています。
それぞれの種類ごとに必要とされる治療が異なるため、高い治療効果を得るためにはどの種類に該当するか適切な診断が必要です。

部分発作と特発性

部分発作は、脳の特定の部位だけが異常に興奮しているタイプです。
発作が起きた際に意識がある場合は単純部分発作、意識を失ってしまうと複雑部分発作となります。
一方の全般発作は脳が全体的に異常興奮してしまうタイプで、意識を失うことが多いです。
失神や痙攣、身体のこわ張りなど様々な症状が見られることが特徴です。

特発性はてんかんの原因がはっきりしていないタイプで、先天的や体質的に発症することが多いので治療が難しいという特徴があります。
症候性は何らかの病変によって脳が損傷し、異常興奮しているタイプです。
損傷を治療すると発作が治まることが多いので、場合によっては比較的簡単に収まることもあります。

この組み合わせにより、特発性部分てんかん、特発性全般てんかん、症候性部分てんかんに症候性全般てんかんという4種類に分類されることになりました。

特発性部分てんかん
これまでに脳に明確な病変が確認できないものの、一部分で神経細胞の過剰興奮が起きることで部分発作を引き起こします。
主に幼児期や学童期にかけて数多く発症し、成長するにしたがって次第に治癒していくのが一般的です。
特発性全般てんかん
部分タイプと同じく脳に病変が無くても脳が全体的に過敏になって発作を起こします。
小児期から思春期の子どもに多く発症し、25歳以上で発症することはほとんどありません。
投薬治療が非常に効果的で、早くから正しい治療を行っていると発作も起こしにくくなります。
投薬を止めるとすぐに発作が再発するため、長期的に医師の指示に従って治療を継続する必要があります。
症候性部分てんかん
脳に発作を引き起こす病変がある場合に、その部位に限定して異常な興奮が起きるタイプです。
病変の原因は様々で、どの年齢層でも発症の可能性があるため油断はできません。
病変によっては投薬しても効果が低く、発作をしっかり抑えられないことも多いです。
この場合、病変のある部位を根本から手術で切除することで発作を治癒できるケースもあります。
症候性全般てんかん
脳の病変によって全般的な発作を起こすタイプです。
幼児期から思春期にかけて発作が起き、頻度が多いだけでなく部分発作が見られることもあります。
発作が繰り返されることで脳がダメージを受け続け、知能や運動面で成長に遅れが出てしまうこともあります。

てんかんは死に直結する病気ではない

てんかんは種類も原因も症状も非常に多種多様で、身近に患者がいる人でもなければ詳しく分かりません。
痙攣や失神など激しい症状が出ることも多いので、詳しく知らない人が発作を目にした場合、このまま死んでしまうのではないかと恐怖を感じてしまいます。
このためてんかんが死に直結する怖い病気だというイメージが強いのですが、実際にはそんなことはありません。

てんかんはあくまでも脳の一部分、もしくは全体が必要以上に興奮してしまうことが原因であり、脳卒中や心筋梗塞のように発作そのもので死んでしまうわけではありません。
ただ、発作によって危険な状況になってしまうことで、結果的に死に繋がってしまうリスクはあります。

例えば、プールやお風呂に一人で入っている場合に失神発作が起きるとどうでしょう。
運が悪ければ顔がすっかり水やお湯に浸かってしまい、呼吸することができません。
発作は数分で治まるケースが多いですが、長ければ長いほど呼吸困難で死んでしまう可能性が高まります。
外出中に失神した場合も、転倒して道路や固いものに頭を強くぶつければ、脳を損傷して死亡してしまう可能性はあります。

最も怖いのが、車を運転している時に発作が起きることです。
この場合、例え失神しなくても体がこわ張ってしまうだけでハンドルやブレーキ操作が不可能になり、事故死してしまう危険性があります。
歩道などに突っ込んで人をはねてしまえば、自分だけでなく関係のない他人まで巻き込んで取り返しのつかない事態になってしまうでしょう。
実際にそのような事故も過去に起きているため、発作の種類によっては車の運転を控えたり必ず治療薬を服用するなど、危険を避けるためにくれぐれも注意する必要があります。

治療薬は、正しく服用すれば発作を完全に抑えることも可能です。
てんかんの根本的な原因を完治させるわけではありませんが、服用し続けてさえいれば見かけ上発作を長期間止めることができます。
これを寛解と呼ぶのですが、特発性部分てんかんの場合は100%、症候性部分てんかんでも50%から60%など比較的高い寛解率を得ることができます。
発作を抑えることができれば健康な人と変わらない生活が可能なので、ますます死からはかけ離れた病気だと言えるでしょう。

稀にある突然死

ただ、てんかん患者には稀に突然死してしまうケースもあります。
突然死はてんかん患者に限ったことではなく、それまで全くの健康体だった人でも起こり得るのですが、てんかん患者の場合はその発症割合が健常者と比べてかなり高くなっています。
若年層では健常者の約40倍も多く、発作の回数や頻度が高い人ほどその傾向が強いです。
より若年で発症した場合や、寛解することなく症状が出続けている期間が長い人ほど突然死の確率が上がるため、該当する場合は特に慎重に経過を見ていく必要があります。

とは言っても、突然死で亡くなる人はてんかん患者の2%から18%なので、てんかんだから突然死したとは決して言い切れません。
あくまでも健常者と比べて確率が高めというだけなので、過剰に心配する必要はないでしょう。
それよりも、発作による事故で死んでしまうケースの方が圧倒的に多いので、そちらの対策も非常に重要です。

身近にてんかん患者がいる人に知っておいてほしいこと

腕を組む男女

てんかんは意外と患者の多い病気であり、身近な人が急に発作を起こしてしまう可能性もゼロではありません。
そんな時に慌てず正しい対処ができるように、てんかん発作の正しい対応を知っておくようにしましょう。

発作の症状は様々ありますが、中でも対応に困るのが意識を失っている場合です。
いきなり身近な人が倒れてしまうと救急車を呼ぶべきかパニックになってしまいますが、発作の場合は数分で意識が戻ることが多いので、まずは落ち着いて様子を見守りましょう。

痙攣が起きてしまったら

失神と同時に痙攣が起きることもあるので、周囲にガラス製品や重いものなど危険な物がある場合は遠ざけます。
歩道で失神した場合なども、危険を避けるために安全な場所へ移動しましょう。
一人では移動させられない場合は、無理に動かさずに周囲の人に注意を呼び掛けたり安全確保するだけでも構いません。
可能なら、頭の下に枕や上着など柔らかいものを敷いて頭を保護してあげてください。

痙攣が激しく起きている時でも、無理にそれを抑え込んだりしてはいけません。
痙攣は普段以上の非常に強い力で起きていることが多く、抑えつけてどうにかなるものではありません。
むしろ抑えた人が振り払われたり手足が当たってケガをしてしまうこともあるので、できるだけ傍には寄らないようにしましょう。

また、痙攣が起きている最中や、発作が治まった直後に薬や水を飲ませるのは厳禁です。
発作直後は身体や意識が朦朧としていることが多く、水などを飲ませてもしっかり嚥下することができません。
気管に入ってむせてしまったり誤飲する可能性が高いので、意識がはっきり戻るまでは何も口に入れないようにしましょう。

昔は痙攣で舌を噛んで出血するのを防ぐために、発作が起きたら無理やり口を開いて、割りばしやスプーンなどを噛ませるのが正しい対処とされていました。
しかし、発作中は意識する以上に強い力が加わっており、不用意に口の中に何かを入れると口腔内に大けがをしてしまう危険があります。
割りばしなどを噛み砕いて飲み込み、喉などから出血してしまう可能性もあります。
場合によっては舌を噛む以上に深刻な事態を招いてしまうので、絶対に口の中に物や指などを入れるのは止めてください。

てんかん発作ではない場合も

また、痙攣が全身に広がって3分以上治まらない場合は、単純なてんかん発作ではない可能性があります。
すぐに治まっても、何度も繰り返して発作が起きるような場合も要注意です。
他にも、呼吸が普通ではなかったり普段の発作とは明らかに違う症状の場合も、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

てんかん患者や身近な人は発作が命に係わらないと知っているため、救急車を呼ぶことを躊躇ってしまうことが多いです。
しかし、このように普段とは違う異常な症状が見られた場合は、すぐに医師に診察してもらわないと手遅れになってしまう可能性もあります。
救急車を呼ぶ目安にするためにも、普段の発作の様子を記録するなどして対策しておきましょう。